「県庁おもてなし課」

  • 2011.05.30 Monday
  • 21:57
評価:
有川 浩
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,680
コメント:「民間」と「行政」の考え方、組織の在り方を考えさせられました。「だから役所は…」って大人たちが言う理由が分かったかも。でもただ難しい話にしないで、ちょっぴり恋愛要素が入ってるのがさすが有川さん!!!今回もあたし好みの一冊でした(^_^)v

 本日二回目w


この週末は二冊本借りて読みました!!

それがこれです!!!

おなじみ有川浩さんの3/29に発売された小説です☆



今回のテーマは、
「民間」と「行政」

有川さんの作品はいつもすごく勉強になるんだけど
これもしっかり良い勉強になった!!!


公務員って生活は安定してるしいいような気がするけど
肝心なところが「民間」とちがってダメダメみたい。

これからの若いもんがこんな「行政」の在り方をちゃんと考えて改善していかなくちゃいけないんじゃないかなーなんて考えました。


難しいけど、読みごたえのある一冊です!!!!

スポンサーサイト

  • 2017.06.26 Monday
  • 21:57
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    こんにちは。同じ本の感想記事を
    トラックバックさせていただきました。
    この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
    お気軽にどうぞ。
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    地方には、光がある―物語が元気にする、町、人、恋。とある県庁に突如生まれた新部署“おもてなし課”。観光立県を目指すべく、若手職員の掛水は、振興企画の一環として、地元出身の人気作家に観光特使就任を打...
    • 粋な提案
    • 2012/11/09 3:42 PM

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    人気ブログランキング参加中!!クリック求む☆

    人気ブログランキングへ

    日本ブログ村ランキング参加中!クリック求む☆

    brogramランキング参加中!!

    blogram投票ボタン

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM