どこにだって合わない人はいるもの。

  • 2013.06.14 Friday
  • 23:22


今日はサークルの定例会のあと
同じサークルの友達とご飯行ってきました。

あらためて話すとそのこちょっと??と思うことがあって
なんかもやもやしちゃったから愚痴書きます。
ちょっと悪口に聞こえるかもしれないけど勘弁。


その子はそのサークルの中では幹部の人間で
かなり責任感が強いです。
そのサークルはまだ発足二年目で今の二年生が去年立ち上げました。
つまりまだサークルとしての基盤が整ってない&初めての後輩なわけ。

んで今日の定例会では11月にある学祭の計画の話し合いでした。
だけど一年生はほとんど話し合いにならなかったんです。

その友達はのそ学祭に関してリーダーの子なんだけど
その一年生の危機感のなさが気に入らないみたい。
その子の話を聞いてると
「一年生のためにしてあげてるのに」とか
「もっと話し合いができるように育てたい」
っていうワードがすごく出てくるのね。

だけどあなたが別にそこまで相手を育てようとする必要はないんじゃないかと
あたしは思うわけ。
その子がいうには
「失敗したらかわいそうだからやってるのに・・・。」
らいしんだけど、それってぶっちゃけおしつけのような気も・・・。
いったん何にもしないでその子たちに任せて
行事失敗させちゃえばいいんじゃないの?とか
あたしは思っちゃうんだけどね。
そんなに一年生に腹立つなら、あたしなら面倒見てやらないね。

まあこれはあくまであたしの考えだから
これをやれとは言わないけど
一年生のやる気を引き出すうまい方法が絶対あると思うんだわ。
しかしこっちがアドバイスしてもそれはやってるってその子は言うからねww


つまり何が言いたいかって言うと
「育ててやってる」
っていうそのスタンスがなんか違うんじゃないかなーって思ったんですよね。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

日本ブログ村ランキング参加中!クリック求む☆

brogramランキング参加中!!

blogram投票ボタン

人気ブログランキング参加中☆

人気ブログランキングへ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM